知っておきたいシリコンとノンシリコンシャンプーの髪に与える影響

>

ノンシリコーンシャンプーが支流に

ノンシリコーンシャンプーは、徐々に当たり前になってきているのですが、髪が痛みやすいと悩んでいる方には、高機能なコーティング剤として、効率を重視したシャンプーを選ぶ方にとっては、仕上がりと安さをバランスよく叶えてくれるものとして、シリコーン入りシャンプーはまだまだ需要があるのです。
シリコーン自体が髪や頭皮に悪影響という訳ではないため、ライフスタイルや髪質に合わせてシャンプーを選ぶと良いでしょう。
シリコーン入りシャンプーとノンシリコーンシャンプーの傾向をまとめてみたのです。あくまでも傾向なのですが、シャンプーを選ぶ際の参考になればと思います。
ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットについては、次のようなことがあるでしょう。

シリコーン・ノンシリコーンの良い点悪い点

ノンシリコーンシャンプーのメリットについては、洗い上がりがサッパリして軽い・自然な艶がありサラサラヘアに・根本が立ち上がりボリュームを出しやすいなどがあげられたのです。
一方、ノンシリコーンシャンプーのデメリットとしては、きしみやすい・きしむことにより髪が絡み摩擦でダメージを受けることになるということだったのです。
次に、ノンシリコーンシャンプーをこのような方におすすめしたい、サラサラな髪にしたい・髪にボリュームが欲しい・髪へのダメージを軽減したい・頭皮ケアを取り入れたいなどがあげられたのでした。
続いては、シリコーン入りシャンプーのメリットについて、しっとりまとまりやすい・髪の毛の指通りが良くなる・傷んだ髪でも艶が出るなどがあげられ、デメリットについては、使用を続けると地肌や髪にシリコーンが溜まってしまうことがある・パーマやカラーがかかりにくいなどがあげられるのです。


シリコーンで薄毛になるということはない

この記事をシェアする